HSES-NODE-OLED使用説明書

HSES-NODEにUSBシリアル変換アダプタでプログラム書き込む方法

  • HSES-PROGを使用して書き込む方法もあります。

準備

以下のものを用意します。

接続

  • ジャンパワイヤー等で USBシリアル・アダプタとHSES-NODEとの結線を行います。
    • USBシリアル側 : HSES-NODE側
    • GND - GND
    • 5V - 5V
    • RXI - TX
    • TXO - RX
  • USBシリアル・アダプタ側に同じ信号名の端子が無い場合には、同じ機能の端子に接続してください。
  • USBシリアル・アダプタから5Vを供給できない場合は、5Vの接続を外し、HSES-NODEに直接USBケーブルで給電してください。
HSES-NODE-161228a1.png

ファームウェア書き込みモードにする

  • HSES-NODEの IO0スイッチを押した状態で、RESETスイッチを押してください。
    • RESETスイッチを離す瞬間、IO0スイッチが押されている必要があります。
  • これで HSES-NODEはファームウェア書き込みモードに入ります。

ファームウェア書き込み

  • Arduino-IDEのファームウェア書き込みボタンを押し、ファームウェアを書き込みます。

使えそうな USBシリアル変換アダプタ

注意が必要なUSBシリアル変換アダプタ


添付ファイル: fileHSES-NODE-161228a1.png 314件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-30 (金) 11:36:55 (23d)