HSES_NODE_OLED_Sample_programsインストール方法

共通の説明

ESP8266 Arduinoのインストールと設定

  • HSES_NODE_OLED_Sample_programsは、開発環境として ESP8266 Arduinoを使用します。
  • まだ、インストールされていない場合、インストールと設定を行ってください。
  • (参考) ESP8266 Arduinoのインストール

ダウンロード

ライブラリーのインストール

  • HSES_NODE_OLED_Sample_programsでは、以下のライブラリーを使用しています。未インストールの物があれば、ダウンロードしインストールしてください。

conf.hファイルの準備

  • conf.h-sampleファイルをコピーし、conf.hを作成してください。
  • 内容を、お使いの環境に合わせて変更してください
#define USE_OTA 	1

#define WIFI_SSID 	"your_ssid"
#define WIFI_PASSWORD "your_wifi_password"
  • USE_OTAはOTA(Over The Air, WiFi経由のプログラム書き込む機能)を使用する場合1にしてください。通常は0で問題ありません。
  • WIFI_SSIDとWIFI_PASSWORDには、それぞれ、お使いの無線LANアクセスポイントのSSIDとパスワードを設定してください。

プログラムのコンパイルと書き込み

  • それぞれのディレクトリにある拡張し .ino がついたファイルをArduino IDEで開きます。
  • Arduinoの設定を適切に行います。
  • HSES-NODE-OLEDをPCに接続し、シリアルポートを選択します。
  • 「マイコンボードに書き込む」ボタンをクリックします。

プログラム毎の追加説明

NetOLED

  • python ディレクトリの中身は、ホスト側で実行するpythonのプログラムです。
  • python2, python3両対応です。
  • Pillowライブラリをインストールする必要があります。
  • dispDemo.py と dispImage.py は、サンプルプログラムです。
    • cygwin上の python2, python3で動作確認しました。
  • dispDemo.pyは truetype フォントを使用しますので、フォントがあるディレクトリを指定してやる必要があります。
    • 以下の2行を環境に合わせて修正してください。
msgothic = '/c/windows/fonts/msgothic.ttc'
msmincho = '/c/windows/fonts/msmincho.ttc'

analog_clock

  • 特にありません

digital_clock

  • digital_clockでは、日本語フォントとしてESP8266のファイルシステムに書き込まれたfontxファイルを使用しています。このため、事前にfontxファイルをファイルシステムに書き込む必要があります。

日本語フォントのインストール

  • 日本語フォントは、fontx形式のファイルの2つのファイル、ILGH16XB.FNTとILGZ16XB.FNTがスケッチのdataフォルダに格納されています。
  • ESP8266のファイルシステムに書き込むのに、ESP8266FS というツールが必要です。
    • これをインストールすると、Arduino IDEのツールメニューに「ESP8266 Sketch Data Upload」という項目が追加されます。
    • (参考) ESP8266FSインストール方法
  • Arduino IDEの メニュー、ツール/ESP8266 Sketch Data Upload を選択します。これで、dataフォルダ内のファイルが ESP8266のSPIFFS領域に書き込まれます。
    • シリアルモニターが開いていると書き込めませんので、開いている場合には閉じて書き込みを行って下さい。

問い合わせ先

  • インストール方法等について、ご不明な点がありましたら サポート掲示板で質問してください。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-07 (火) 16:58:54 (40d)