HSES-LMC1

概要

販売価格7,020円(税込) アマゾンにて販売中 ( 本体, LEDモジュール )。

HSES-LMC1はWiFiマイコンESP8266とLED表示用のサブCPUを搭載したボードです。 ESP8266のプログラムを書き込むことで、 64x32dot RGB LEDマトリックス・モジュール(別売)と接続し 様々な表示が可能です。 最大構成で6枚のモジュールを接続し、128x64 dot 4諧調の LEDディスプレイを構成可能です。

写真

特徴

  • ESP8266 WiFi chip(ESP-WROOM-02)搭載
    • 32bit CPU, クロック 80MHz,
    • WiFiと通信可能(802.11 b/g/n, WPA/WPA2, WEP/TKIP/AES),技適認証済み
    • esp8266-Ardunoでプログラム開発可能,豊富なサンプルプログラム
  • micro SDカードスロット搭載
  • LED表示用サブCPU搭載
    • メインCPU(ESP8266)の負担なしで表示可能
    • 最大64x32dotLEDモジュール24枚の表示可能(1諧調8色表示)、 16諧調4096色表示であればLEDモジュール6枚表示可能
  • 小容量電源にも対応可能
    • 5V1A程度のACアダプタでも、輝度を抑えれば使用可能。
    • サブCPUの電源電圧監視機能、
    • 使用する電源に過電流保護回路必須。 詳しくは、電源についてのページをご覧ください。
  • LEDモジュールに直刺しで使用可能
    • 基板下面のコネクタで、LEDマトリックス・モジュールに直接接続可能。 基板の設置が簡単です。
    • 機械的強度は保証できません。 ご使用にあたっては、使用可能な使用状況であることを御確認のうえ、 ご使用ください。

応用例

  • 時計(ntp同期で正確) + 各種情報表示
  • 広告の表示  
  • 工場の情報表示

他に必要なもの

HSES-LMC1でLEDモジュール表示を行うのに必要なものを示します。

  • LEDモジュール
  • 電源(DC5V)
  • パソコン(Windows , Mac あるいは Linex), プログラム開発書込み用
  • USBシリアルアダプタ HSES-PROGあるいは、 市販のUSBシリアルアダプタ、プログラム書込み用

商品の仕様、デザイン、価格は予告なく変更されることがあります。